マメ知識

閏年とお墓にまつわる迷信について
墓石のマメ知識

 

このページをご覧の方で「閏年にお墓を建てたり仏壇を新調すると縁起が悪い。」と思われている方や、このような事をご親戚やご友人から聞いた事があり「今年は閏年だからお墓の建立は見合わせた。」という方も大勢いらっしゃのるのではないでしょうか?

地域によってこのようなお問い合わせをお客様からお聞きする事がありますが、「その本来の意味はご存じですか?」とお伺いすると、そこまでは知らないとお答えになる方がほとんどです。ただ漠然と「縁起が良くない。」と思われている方が大半のようですが『実は迷信なのです。』

 

では、なぜこのような事が現代にまで言い伝えられてきたのでしょうか?その発祥は旧暦の閏にまつわる、江戸時代に起きたある習慣から生まれました。

 

現代の閏年は4年に一度1日だけ追加され366日ですが、江戸時代は旧暦(太陰暦)で1年を計算していたので閏年には1ヶ月多い13ヶ月としていました。当時、武士などの給金はほとんど年払いでしたので閏年には同じ給金で13ヶ月間の生活をしなければならなかったのです。1ヶ月多いのですから武士といえども生活は大変です。そのため藩主は家臣の出費を抑えさせるため、閏年は仏壇の新調することは見合わすようにさせました。起源は単なる『節約の習慣』だったのです。

 

こうした習慣が本来の意味を忘れられ、今に伝わる「閏年にお墓や仏壇を新調すると縁起が悪い。」という、間違った意味で言い伝えられてきたのです。現代は新暦(太陽暦)ですからこうした節約の習慣とは無関係なのです。

 

間違った言い伝えを信じてお墓やお仏壇を準備しないよりも、亡くなられた身内の方やご先祖様の事を思い、ご供養される事が一番大切ではないでしょうか。私達は本当の事をお客様にお伝えしご提案させて頂いております。

 
お墓のリフォームについて
墓石のマメ知識

 

お墓をリフォームする際の手順をご説明します。

 

1.石材店選びとプランの決定

まず、石材店にご連絡して頂き希望する形や納骨室に水が溜まるなどの様々な問題点を説明し、その要望に添ってどのように解決すればよいか石材店がプランを検討します。その際に必ず現地確認が必要となりますので、お墓が建てられている場所を教えていただくことになります。地元から離れ県外にお住まいの方や、足腰が悪くお墓に行く事ができない方は石材店に写真を撮影してもらい、図面などを確認しながらお話を進めていくと良いでしょう。また、石材店選びも重要なポイントです。価格や提案力などを比較し信頼出来る石材店をお選び下さい。注意点としては、リフォームしたいお墓がある墓地・霊園に入る事ができる石材店なのかを確認する必要があります。場所によっては懇意にしている石材店でないと工事を許可されない寺院様もいらっしゃいますので事前のご確認が必要です。

 

2.ご契約と完成予定の打合せ

プランの内容がお客様の要望に添った内容で問題なければ、石材店との契約を交わします。その前後に、お墓をいつまでに完成したいかの打合せを行い、石材の加工や納品に至までの必要な日数を考慮しながら完成予定日を決定し、その工事に必要な石材などの材料発注を石材店が行います。ちなみに、お墓完成までに必要な期間は、おおむね40日から50日が目安となります。ご準備したい日から逆算していつまでに決定しなければならないかを考えておくと良いでしょう。

 

3.お墓の魂抜き(抜魂式:ばっこんしき)

お墓の施工準備が整った後、施工開始の前にお墓の魂抜き(抜魂式とも言います。)を行います。抜魂式は寺院様が行いますので、お客様が寺院様へ連絡しスケジュールの調整を行う必要があります。文字を彫るなどの簡単な工事以外は抜魂式法要後でなければ石材店は墓石工事を行う事ができませんのでご注意下さい。

 

4.工事開始から完了まで
抜魂式が終わりましたら、石材店は工事を行う事ができます。工事完了までの間はお客様には特別して頂くことはございません。ですが、施工に関して気になる点があれば現地確認や石材店に写真などで説明を受けたりしながら、確認すると良いでしょう。特に基礎の部分など施工後に確認出来ないところは注意が必要です。

 

5.お墓の魂入れ(入魂式:にゅうこんしき)
工事完了後、お墓に魂を入れます。(入魂式とも言います。)入魂式も抜魂式と同様に寺院様が行いますので、お客様が寺院様へご連絡しスケジュール調整を行う必要があります。また、お客様も立ち会いのもと、完成したお墓の確認を行います。

 

ここまでが、お墓リフォームの流れになります。お墓は長く使うものですから工事後の対応も重要です。アフターフォローが万全な石材店を選ぶ事も大切です。弊社では無料でお見積・ご提案させて頂いております。またアフターフォローも無料で御納骨のお手伝いをさせて頂くなど万全です。ご安心して弊社をご利用下さい。

 
お墓の承継とは
墓石のマメ知識
先代が死亡し次の祭祀承継者がお墓を継ぐことを承継といいます。先代が遺言で指定する場合もありますが、特に指定がない場合は、慣習に従って決定します。一般的には長男が継承しますが、娘や親族でも承継することができます。ただし、墓地によって承継できる対象者が制限されている場合もあります。承継者が決まらない場合は家庭裁判所に申し立てて決めます。
 
合祀とは
墓石のマメ知識
同じ墓石に複数の遺骨を埋葬することを言います。ですから、先祖代々を埋葬する家墓や他人を一緒に埋葬する共同墓は、総称して合祀墓とも言われます。
 
お墓の分類と目的
墓石のマメ知識
お墓は使用者の目的によって次のように分類されます。主に誰が入るかや将来の考え方によって作るお墓は違ってきます。お墓を建てる前に代々承継する人はいるかなどをよく考えておく必要があります。

家墓(代々墓)・・・家族が代々使用するお墓。
両家墓・・・・・・・・・・・夫と妻の両家の先祖を祀るお墓。
個人墓・・・・・・・・・・・1人用のお墓。
夫婦墓・・・・・・・・・・・夫婦だけが入るお墓。
共同墓・・・・・・・・・・・血縁のない人達が一緒に埋葬されるお墓。既に永代供養墓として建立されているものもある。
納骨堂・・・・・・・・・・・遺骨を安置する施設。公営と民営のものがある。墓地を購入するよりも費用が安い。
 
お墓にかかる費用
墓石のマメ知識
一般的にお墓を建てるまでに必要な費用は、墓地では永代使用料及び年間管理料(寺院墓地をご契約で檀家に入る場合は、その費用がかかる場合もあります。)が発生し、墓石では石材材料費、加工費及び施工費等が発生します。その他、開眼、納骨法要にかかる費用も別途かかりますので、合計でいくらかかるかを計算し予算がどれぐらい必要になるか検討しておく必要があります。

・永代使用料+管理料+墓石建立費+開眼・納骨法要等の費用

※弊社では、墓石建立費をローンでお支払いすることも可能です。
永代使用料・管理料についてはこちら
 
墓石建立の流れ
墓石のマメ知識
弊社では一から墓石建立までお手伝いさせて頂いております。主な流れは次の通りです。

1.墓地情報の収集
広告等の資料を集めます。最近はインターネットで手軽に情報を集められるので便利です。公営墓地のような自治体が運営する墓地については、抽選があるケースもありますので調べておく必要があります。現地を直接見た方がより確実です。

2.予算を決める
どの程度の費用が用意できるかを検討します。重要な項目を必ずチェックします。
・墓地費用(永代使用料、墓地管理料)
・墓石購入費用(石材、工事費)など

3.墓地を選択する
永代使用料、管理料などの費用や、墓地までの距離、墓地内の景観などの立地条件や墓地の使用規程(宗旨・宗派や墓石建立に関する規程等)の内容を調べ希望に添った墓地を選択します。気に入った墓地を1~2週間程度なら仮予約することができます。料金はかかりません。

4.墓地の契約
申込書に必要事項を記入、押印します。住民票、戸籍謄本などの書類が必要なケースもあります。代金は墓地管理者の指定する支払い方法で行います。

5.永代使用証書発行
代金納入後に墓地管理者から永代使用証書が発行されます。

6.墓石プランの検討
形状、材質、文字等、必要な項目を決定し、予算に見合う墓石を打ち合わせし、設計します。

7.墓石のご契約
プラン検討完了後、ご契約させて頂きます。支払い方法の打合せも行います。ローンでのお支払いも可能です。※ご契約時に内金を頂いております。

8.彫刻原稿の確認
文字、家紋等の彫刻原稿を確認します。確認完了後、サンドブラストで彫刻します。石は一度彫り込むと修正できませんので慎重に確認することが必要です。

9.墓石の製造、施工
墓石を決められたデザインに加工し、完成した墓石を検品し施工します。通常は、完成までに1~2ヶ月程度かかります。

10.墓石の完成確認
施工完了後、現地にて墓石の完成状態を確認します。確認完了後、残金の支払いをします。

11.開眼法要
寺院様をお招きし開眼法要を行います。完了後、遺骨をご納骨致します。

12.アフターフォロー
付属品の追加注文や戒名の追加彫の対応を行っております。クリーニングやお参り代行等についてもお問い合わせ下さい。
 
お墓の引越し
墓石のマメ知識

すでに埋葬してある遺骨を別のお墓に移動したり、お墓そのものを別の場所に移動することを「改葬」といいます。

 

お墓を移すということは、既存の墓地の管理者にとってはあまり望ましいことではありませんので、トラブルにならないように事前に理由を説明して理解を得ておくことが必要です。
また、既存の墓地の整備も必要となっていきますので、その費用も念頭に入れておかなければなりません。改葬を行うためにはいくつか書類を集めたり市町村へ申請することになります。

 

手順は次のとおりになります。

 

1.新規墓地の確保

まず、新しい墓地を確保し「永代使用許可書」などを発行してもらいます。

 

2.既存墓地の手続き

既存墓地の管理者に「埋葬証明書(納骨証明書)」などを発行してもらいます。

 

3.市町村へ申請

既存墓地のある市町村に改葬の申請を行います。「改葬許可申請書」に必要事項を記入し、「永代使用許可書」と「埋葬許可書(納骨証明書)」と一緒に提出(発行量がかかる場合があります)

 

4.既存墓地から移動

既存墓地に改葬許可証を提示してお墓から遺骨を取り出します。遺骨を取り出す際には舞台の納骨蓋を動かさなければならないので石材店に依頼します。

 

5.新規墓地への改葬

改葬許可証を提示して改葬を行います。納骨をする際には、舞台の納骨蓋を動かさなければならないので石材店に依頼します。仏式の場合は法要を行います。

 

6.既存墓地の整備

既存墓地を返却する際には、墓所を購入した時の状態(更地)に戻すことが必要です。墓石の撤去費用など、既存の墓地の処理にかかる費用は石材店に問い合わせておきます。

 

 


  • お問い合わせ
  • 近くの店へ来店
 

Copyright IFUI Co.,Ltd. All Rights Reserved.